誰が参加したのか把握する

この記事をシェアする

名前と住所を記載してもらう

香典をもらったら返すために、名前と住所を受け付けで記入してもらってください。
誰からもらったのかわからないと、香典を返せないので必ず受け付けを用意してください。
関係者のほとんどが通夜に参加すると言われていますが、中には都合が合わなくて、告別式に参加する人も見られます。

通夜と告別式で、もらった香典を分けておくと良いでしょう。
全部まとめると数が多いので、計算するのが大変になります。
また早めに香典を計算して、誰からいくらもらったのか把握してください。
そして香典返しを送りましょう。
近くに住んでいる人は手渡しでも良いですが、特に住んでいる人は郵送しても構いません。
その際はお礼の言葉が記載されている紙も同封しましょう。

もらった香典と同等ぐらいのもの

香典は、10000円ぐらいのものが良いと言われています。
安すぎるものではお礼になりませんし、高すぎるものでは相手が受け取りを拒否するかもしれません。
相場ぐらいの香典なら、余計なトラブルが起こりません。
食品を香典として送る人が増えています。
人気の高い商品を探してみても良いですね
どうしても何も思い浮かばない場合は、カタログギフトでも良いと思います。

お葬式をすることになると、たくさん準備しなければいけませんし、参列者をもてなさなければいけないので思っている以上に忙しいです。
自分1人で用意するのではなく、親族が協力して作業してください。
みんなで協力しながら用意すると、負担が減るので準備し忘れることもなくなります。